オリンピック・パラリンピック教育とは?

詳細を見る

子供たちに身に付けてほしい 5つの資質〔1〕

ボランティアマインド

「支える」活動を通じて、社会に貢献しようとする意欲や、
他者を思いやる心などのボランティアマインドを醸成するとともに、
子供たちの自尊感情を高めていきます。

子供たちに身に付けてほしい 5つの資質〔2〕

障害者理解

障害の有無にかかわらず、共に力を合わせて生きる共生社会を
実現するため、障害者理解の学習・体験や障害者との交流を
通じて、多様性を尊重し、障害を理解する心の
バリアフリーを子供たちに浸透させます。

子供たちに身に付けてほしい 5つの資質〔3〕

スポーツ志向

子供たちが様々なスポーツを体験することにより、
フェアプレーやチームワークの精神を育み、心身ともに健全な人間へと成長させます。

子供たちに身に付けてほしい 5つの資質〔4〕

日本人としての自覚と誇り

日本や東京の良さを十分理解するとともに、
規模意識や公共の精神等を学び身につけることにより、
日本人としての自覚と誇りを持てるようにします。

子供たちに身に付けてほしい 5つの資質〔5〕

豊かな国際感覚

世界各国の人々と積極的にコミュニケーションを
図ろうとする態度を育成するとともに、豊かな国際感覚を醸成し、
世界の多様性を受け入れる力を育てます。

東京都オリンピック・パラリンピック教育プロモーションムービー

お知らせ

2019.09.25

  • お知らせ

【夢・未来プロジェクト】「夢・未来」プロジェクトの実施(10月実施分)について

2019.08.27

  • お知らせ

【夢・未来プロジェクト】「夢・未来」プロジェクトの実施(9月実施分)について

2019.06.26

  • お知らせ

【夢・未来プロジェクト】「夢・未来」プロジェクトの実施(7月実施分)について

みんなの取組を見る

4Projects
4つのプロジェクト

スクールアクション 「もったいない」大作戦
「スクールアクション『もったいない』大作戦 〜東京3Rプロジェクト〜」は、東京2020大会開催を控え、今後ますます社会全体で環境へ配慮した取組が求められる中で各学校が行う環境に関する取組です。各学校は、これまでの取組を生かし、3Rについて子供たち自身が具体的な行動目標を設定します。
オリンピック・パラリンピック教育アワード
オリンピック・パラリンピック教育を一層推進するため、先進的取組や特色ある取組を組織的に行うなど、優れたオリンピック・パラリンピック教育を行った学校・園等を「事業推進部門」、「環境部門」それぞれで顕彰しています。

ページの先頭へ戻る