アフリカ|ギニア共和国

※本ページの各情報で特別な注釈がないものに関しては公開時点の情報を元に編集されていますので最新版ではない可能性があります。

  • 国名
    ギニア共和国 / Guinea
    首都
    コナクリ
    国旗 世界地図
  • 地図
注釈)各ランキングは、参照元データを集計し、独自に算出したものであり、元となるデータの違いにより、国、その他企業・団体などが行ったランキングや調査と内容が異なる場合があります。

その他の情報

民族 プル,マリンケ,スースー等,20あまり
言語 フランス語,各民族語(プル,マリンケ,スースー等)
宗教 イスラム教,キリスト教,伝統的宗教
識字率 データなし
政体 共和制
議会 国民議会(一院制,114議席,任期5年)
主要産業 (農)米,キャッサバ (鉱)ボーキサイト,アルミナ,金,ダイヤモンド
通貨 ギニア・フラン
略史
14―15世紀 / マリ帝国の版図下
1904年 / フランス植民地
1958年 / フランスからギニア共和国として独立,セク・トゥーレ大統領就任
1978年 / 国名変更
(「ギニア人民革命共和国」)
1984年 / セク・トゥーレ大統領死亡
軍事クーデターによりランサナ・コンテ大佐が政権掌握(「ギニア共和国」に再度国名変更)
1993年 / 大統領選挙 コンテ大統領選出
1998年12月 / 大統領選挙 コンテ大統領再選
2003年12月 / 大統領選挙 コンテ大統領三選
2007年1月 / 1-2月、ゼネスト状況下でのデモ隊と治安部隊の衝突により200名以上の死傷者発生。2月12日から23日迄戒厳令実施
2007年2月末 / クヤテ新首相が任命され,ゼネスト中断
2007年3月 / 3月1日、クヤテ首相就任
2008年5月 / 5月20日、スアレ首相就任
2008年12月 / 12月22日、コンテ大統領死去。12月23日にカマラ大尉を中心とする「民主主義と発展のための国民評議会(CNDD)」によるクーデターが発生し,暫定軍事「政権」が成立
2010年2月 / ドーレ「首相」就任,国家暫定統一「政府」発足
2010年6月 / 6月27日、大統領選挙第一回投票
2010年11月 / 11月7日、大統領選挙第二回投票(コンデ大統領選出)
2010年12月 / 12月21日、コンデ大統領就任
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/

ページの先頭へ戻る