アメリカ|キューバ共和国

※本ページの各情報で特別な注釈がないものに関しては公開時点の情報を元に編集されていますので最新版ではない可能性があります。

  • 国名
    キューバ共和国 / Cuba
    首都
    ハバナ
    国旗 世界地図
  • 地図
注釈)各ランキングは、参照元データを集計し、独自に算出したものであり、元となるデータの違いにより、国、その他企業・団体などが行ったランキングや調査と内容が異なる場合があります。
  • イメージ写真 トリニダのアンコンビーチ
  • イメージ写真 カピトリオ
  • イメージ写真 ハバナ街

その他の情報

民族 ヨーロッパ系25%、混血50%、アフリカ系25%(推定)
言語 スペイン語
宗教 宗教は原則として自由
識字率 データなし
政体 共和制(社会主義)
議会 一院制(人民権力全国議会、612名)、任期5年
主要産業 観光業、農林水産業(砂糖、タバコ、魚介類)、鉱業(石油、ニッケル等)、医療・バイオ産業
通貨 キューバ・ペソ及び兌換ペソ
略史
1898年 / 米西戦争
1902年 / 独立
1959年 / フィデル・カストロ政権成立(キューバ革命)
1961年 / 米国と外交関係断絶、ピッグズ湾事件
1962年 / キューバ危機
米州機構(OAS)が対キューバ制裁決議(除名)
1965年 / キューバ共産党結成
1975年 / 第1回共産党大会、アンゴラ派兵本格化
1976年 / 新憲法制定、人民権力全国議会発足、カストロ国家評議会議長就任
1979年 / 非同盟運動諸国首脳会議開催(ハバナ)
1980年 / マリエル事件(12万5千人のキューバ難民発生)
1991年 / アンゴラ撤兵完了
1992年 / 憲法改正、米トリチェリ法成立
1994年 / 米・キューバ移民協議
1996年 / 米民間機(反カストロ亡命キューバ人団体)撃墜事件
米ヘルムズ・バートン法成立
1998年 / ローマ法王キューバ訪問
1999年 / 第9回イベロアメリカ・サミット開催(ハバナ)
エリアン少年事件
2000年 / 第1回南サミット(G77諸国)開催(ハバナ)
2001年 / 米国からの食糧購入開始
2002年 / カーター米元大統領キューバ訪問
2006年 / フィデル・カストロ議長がラウル・カストロ国家評議会第一副議長に権限を暫定委譲
非同盟運動諸国首脳会議開催(ハバナ)
2008年 / フィデル・カストロ議長が国家評議会議長職を辞す意向を表明
ラウル・カストロ国家評議会議長就任
2009年 / オバマ米政権による対キューバ制裁緩和
2011年 / 第6回共産党大会、フィデル・カストロ前議長が共産党第一書記退任、ラウル・カストロ議長が同第一書記就任
2012年 / ローマ法王キューバ訪問
2014年 / ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(CELAC)首脳会合開催(ハバナ)
米国との外交関係再構築に向けた議論開始を発表
2015年 / 米国・キューバ首脳会談(パナマ、米州首脳会合)
米国との外交関係再開、相互に大使館を設置
ローマ法王キューバ訪問
2016年 / オバマ米大統領キューバ訪問
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/

ページの先頭へ戻る