アジア|ブルネイ・ダルサラーム国

※本ページの各情報で特別な注釈がないものに関しては公開時点の情報を元に編集されていますので最新版ではない可能性があります。

  • 国名
    ブルネイ・ダルサラーム国 / Brunei Darussalam
    首都
    バンダルスリブガワン
    国旗 世界地図
  • 地図
  • 面 積
    日本の面積の
    0.02
    5,765平方キロメートル(三重県とほぼ同じ) (注)三重県は5,777平方キロメートル。愛知県(5,163平方キロメートル)より大きく,茨城県(6,096平方キロメートル)より小さい。
  • 人 口
    日本の人口の
    0.003
    41.2万人(2014年) (外国人在留者含む,出典:「Brunei Darussalam Key Indicators 2014 Release 2: Annual」, (ブルネイ政府首相府経済企画開発局(以下JPKE))
  • 在留邦人数
    日本人の多い外国
    ランキング
    91
    165名(2014年10月1日時点)(出典:「海外在留邦人数統計」)
  • 在日外国人数
    在日外国人数
    ランキング
    116
    50名(2014年6月時点) (出典:「法務省 入国管理局統計」)
注釈)各ランキングは、参照元データを集計し、独自に算出したものであり、元となるデータの違いにより、国、その他企業・団体などが行ったランキングや調査と内容が異なる場合があります。
  • イメージ写真 ブルネイの象徴オールドモスク
  • イメージ写真 水上集落
  • イメージ写真 ブルネイの市場

その他の情報

民族 マレー系66%,中華系10%,その他24%(2014年,出典:「Brunei Darussalam Key Indicators 2014 Release 2: Annual」, JPKEを基に算出。)
言語 憲法で公用語はマレー語と定められている。 英語は広く通用し,華人の間では中国語もある程度用いられている。
宗教 イスラム教(国教)(78.8%),仏教(8.7%),キリスト教(7.8%),その他(4.7%)
識字率 データなし
政体 立憲君主制
議会  立法評議会が1984年の独立直後から停止されていたが,2004年9月に再開。2006年以降,例年3月に開催されている。また,2004年9月に議会の構成に関する憲法改正が行われた結果,構成議員の一部を選挙で選出することが規定された(従来は全ての議員が国王により任命。)。2011年3月に立法評議会の解散を受け,初めて一部議員(地方代表)の選挙が実施された。 (注:立法評議会はブルネイの一院制議会であるが,その権限は限定されており,予算審議等を行うのみに留まっている。)
主要産業 石油・天然ガス (産出量:石油(12.6万バレル/日),天然ガス(23.1万バレル・オイル・エクイバラント/日))(2014年) (出典:「Brunei Darussalam Key Indicators 2014 Release 2: Annual」, JPKE)
通貨 ブルネイ・ドル
略史
14世紀末 / アラク・ベタタール王がイスラム教に改宗して初代スルタン・モハマッドとなる。
16世紀 / ・マゼラン艦隊,ブルネイ湾に入港。
・第5代スルタン・ボルキアの統治下,サバ州,サラワク州及びフィリピン南部を統治,ブルネイ王国の最盛期。
1888年 / 英国と保護協定を結び,外交を英国が担当。
1906年 / 内政を含め英国の保護領となる。
1959年 / 内政の自治を回復。
1962年 / アザハリの反乱(ブルネイ人民党のメンバーによる,スルタン制及びブルネイのマレーシア連邦参加に対する反乱)。
非常事態宣言を発布(現在に至る)。
1984年 / 英国から完全独立(1月1日)。
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/

ページの先頭へ戻る