アジア|トルクメニスタン

※本ページの各情報で特別な注釈がないものに関しては公開時点の情報を元に編集されていますので最新版ではない可能性があります。

  • 国名
    トルクメニスタン / Turkmenistan
    首都
    アシガバット
    国旗 世界地図
  • 地図
注釈)各ランキングは、参照元データを集計し、独自に算出したものであり、元となるデータの違いにより、国、その他企業・団体などが行ったランキングや調査と内容が異なる場合があります。
  • イメージ写真 マルグッシュ遺跡(ゴヌール・テぺ)
  • イメージ写真 世界遺産メルブ遺跡大キズ・カラ
  • イメージ写真 燃え盛る地獄の門

その他の情報

民族 トルクメン系(81%)、ウズベク系(9%)、ロシア系(3.5%)、カザフ系(1.9%)、その他アゼルバイジャン系、タタール系など
言語 公用語はトルクメン語(テュルク諸語に属し、トルコ(共和国)語やアゼルバイジャン語に近い)。ロシア語も広く通用。
宗教 主としてイスラム教スンニ派
識字率 データなし
政体 共和制
議会 一院制(「メジリス」:任期5年、定数125)(前回選挙は2013年12月)
主要産業 鉱業(天然ガス・石油など)、農業(綿花)、牧畜
通貨 マナト(Manat:1993年11月1日導入)(CIS統計委員会)
略史
8〜10世紀頃 / トルクメン民族の起源とされるオグズ族が、アラル海付近のステップ地帯を中心に中央アジア地域に展開
10世紀 / イスラム教に改宗したオグズ族の他称としてトルクマーンが使用されるようになった
11世紀 / 11世紀〜12世紀頃、テュルク系セルジューク朝の下、各地で軍事的な主力として活躍
14世紀 / 14世紀〜16世紀、現在のトルクメン諸部族の形成が進む
16世紀 / 16世紀〜19世紀、ヒヴァ・ハン国やブハラ・アミール国の下、現在のトルクメニスタン領オアシス地域に徐々に定着。半農半牧の生活に移行
1869年 / 帝政ロシアがカスピ海東岸に侵攻し、クラスノヴォツク(現トルクメンバシ)の礎を築く
1881年 / ギョクデペの戦い(帝政ロシア軍の侵攻に対する熾烈な抗戦)
1885年 / 帝政ロシアがトルクメン諸部族のほとんどを支配下に
1918年 / ロシア連邦共和国の一部としてトルキスタン自治ソビエト社会主義共和国成立
1924年 / ソ連の民族共和国境界画定によりトルクメン・ソビエト社会主義共和国が成立
1990年8月 / 8月22日、共和国主権宣言
1990年10月 / 10月27日、ニヤゾフ大統領就任
1991年10月 / 10月27日、共和国独立宣言
1992年5月 / 5月16日、共和国憲法採択
1995年12月 / 国連総会において「永世中立国」として承認される
1999年12月 / 12月28日、議会の全会一致によりニヤゾフ大統領が終身大統領に
2006年12月 / 12月21日、ニヤゾフ大統領死去
2007年2月 / 2月14日、ベルディムハメドフ現大統領就任
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/

ページの先頭へ戻る