ヨーロッパ|ジョージア

※本ページの各情報で特別な注釈がないものに関しては公開時点の情報を元に編集されていますので最新版ではない可能性があります。

  • 国名
    ジョージア / Georgia
    首都
    トビリシ
    国旗 世界地図
  • 地図
注釈)各ランキングは、参照元データを集計し、独自に算出したものであり、元となるデータの違いにより、国、その他企業・団体などが行ったランキングや調査と内容が異なる場合があります。
  • イメージ写真 首都トビリシ
  • イメージ写真 メスティア
  • イメージ写真 至聖三者大聖堂

その他の情報

民族 ジョージア系(83.8%)、アゼルバイジャン系(6.5%)、アルメニア系(5.7%)、ロシア系(1.5%)、オセチア系(0.9%) (ジョージア国勢調査)
言語 公用語はジョージア語(コーカサス諸語に属する)
宗教 主としてキリスト教(ジョージア正教)
識字率 データなし
政体 共和制
議会 一院制(任期4年、定数150、前回選挙は2012年10月)
主要産業 農業、食品加工業、鉱業
通貨 ラリ(Lari:1995年9月25日導入)(CIS統計委員会)
略史
前6世紀 / 西ジョージアにコルキス王国成立
前4〜3世紀 / 東ジョージアにイベリア(カルトリ)王国成立
4世紀 / イベリア(カルトリ)王国がキリスト教を国教化。ジョージア文字の考案
562年 / 西ジョージア、ビザンツ帝国により併合
6世紀 / 東ジョージア、サーサーン朝ペルシアにより征服
7世紀後半 / 東ジョージア、アラブにより征服
975年 / バグラト朝成立。タマラ女王(在位1184年〜1213年)のもとバグラト朝最盛期、南コーカサス全域を領有
13世紀以降 / 数次にわたる外敵の侵入、国土の疲弊
16世紀以降 / オスマン朝とサファヴィー朝により東西に分割
1783年 / ロシア帝国、東ジョージアのカルトリ・カヘティア王国を保護国化
1801年 / 東ジョージア、ロシアに併合
19世紀前半 / 西ジョージアの諸地方、漸次ロシアに併合
1844年 / ロシア帝国、チフリスにカフカース総督府設置
1878年 / アジャリア併合によりジョージア制圧完了
1918年5月 / ジョージア・メンシェヴィキによりジョージア共和国独立宣言
1921年2月 / 赤軍チフリス入城、ジョージア・ソビエト社会主義共和国成立
1922年 / アルメニア、アゼルバイジャンと共にザカフカス社会主義連邦ソビエト共和国を形成、ソ連邦結成に参加。
1956年 / トビリシ事件(民衆集会・運動が軍により流血の弾圧)
1989年4月 / トビリシ事件(独立回復要求集会へのソ連軍の弾圧)
1991年4月 / 4月9日、独立宣言
1991年5月 / ガムサフルディア、初代大統領に当選
1992年1月 / 1月6日、反ガムサフルディア派、大統領官邸占拠。ガムサフルディア大統領、ジョージアから脱出
1992年2月 / 国家評議会創設。シェヴァルナゼ元ソ連外相が帰国し、国家評議会議長に就任
1995年11月 / シェヴァルナゼ大統領就任(2000年再選)
2003年11月 / 野党勢力が議会を占拠、シェヴァルナゼ大統領辞任(バラ革命)
2004年1月 / サーカシヴィリ大統領就任
2007年11月 / 反政府デモ隊と治安当局の衝突により多数の負傷者が出たことを受け、非常事態令が発出。2008年1月に大統領選挙を繰り上げることで事態は収拾
2008年1月 / 大統領選挙が行われ、サーカシヴィリ大統領が再選
2008年8月 / ジョージア軍と南オセチア軍の軍事衝突に、ロシアが介入。ロシアは南オセチア及びアブハジアの独立を一方的に承認
2012年10月 / 議会選挙にて野党「ジョージアの夢」が勝利。イヴァニシヴィリ首相率いる新政府が発足
2013年10月 / 大統領選挙が行われ、与党連合「ジョージアの夢」が立てたマルグヴェラシヴィリ候補が当選
2013年11月 / マルグヴェラシヴィリ大統領就任。ガリバシヴィリ内務大臣が首相に就任
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/

ページの先頭へ戻る