ヨーロッパ|リヒテンシュタイン公国

※本ページの各情報で特別な注釈がないものに関しては公開時点の情報を元に編集されていますので最新版ではない可能性があります。

  • 国名
    リヒテンシュタイン公国 / Liechtenstein
    首都
    ファドーツ
    国旗 世界地図
  • 地図
注釈)各ランキングは、参照元データを集計し、独自に算出したものであり、元となるデータの違いにより、国、その他企業・団体などが行ったランキングや調査と内容が異なる場合があります。
  • イメージ写真 首都ファドゥーツ
  • イメージ写真 国会議事堂
  • イメージ写真 リヒテンシュタインの景観

その他の情報

民族 主としてゲルマン民族(外国人約34%)
言語 独語
宗教 カトリック約78%,プロテスタント約8%,イスラム教約5%
識字率 データなし
政体 立憲君主制
議会 一院制,全25議席。議員の任期は4年。選挙区は,ウンターラント(低地地区,15議席)とオーバーラント(高地地区,10議席)。
主要産業 精密機械,医療機器
通貨 スイス・フラン(CHF)
略史
 ヨハン=アダム=アンドレアス公が,1699年,シェレンベルク領(現在の低地部)を,ついで1712年,ファドーツ領(現在の高地部)をそれぞれ購入し,公国の基礎を固める。
1719年 / 神聖ローマ帝国カール6世が両領に対し自治権を付与,リヒテンシュタイン公国に昇格。
1852年 / オーストリアと関税同盟締結。
1919年 / オーストリアが第1次大戦に敗北,ハプスブルク帝国崩壊。 →リヒテンシュタイン,オーストリアとの関税同盟を解消。
1921年 / 憲法制定
1923年 / スイスと関税同盟を締結,スイス・フランの導入。
1975年 / OSCE(欧州安全保障協力機構)加盟
1990年 / 国際連合加盟
1991年 / EFTA(欧州自由貿易連合)加盟
1995年 / EEA(欧州経済領域)加盟,WTO加盟
2003年 / 憲法改正
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/

ページの先頭へ戻る