オセアニア|ミクロネシア連邦

※本ページの各情報で特別な注釈がないものに関しては公開時点の情報を元に編集されていますので最新版ではない可能性があります。

  • 国名
    ミクロネシア連邦 / Federated States of Micronesia
    首都
    パリキール
    国旗 世界地図
  • 地図
注釈)各ランキングは、参照元データを集計し、独自に算出したものであり、元となるデータの違いにより、国、その他企業・団体などが行ったランキングや調査と内容が異なる場合があります。
  • イメージ写真 ヤップ島のストーンマネー

その他の情報

民族 ミクロネシア系
言語 英語の他、現地の8言語
宗教 キリスト教(プロテスタント及びカトリック)
識字率 データなし
政体  大統領制(各州1名ずつ選出の4年任期議員4名の中から、2年任期議員10名を含めた全議員14名により選出)
議会 (1)一院制(4年任期議員数4名、2年任期議員数10名(チューク(旧称トラック)州5名、ポンペイ(旧称ポナペ)州3名、ヤップ州・コスラエ州各1名) (2)政党はなし。
主要産業 水産業、観光業、農業(ココナッツ、タロイモ、バナナ等)
通貨 米ドル
略史
1500年代 / スペイン人がミクロネシアの島々に来航。
1886年 / スペインがマリアナ諸島、カロリン諸島の領有権宣言。
1899年 / スペインがミクロネシアの島々を独に売却。
1914年 / 第1次大戦始まる。日本は現在のミクロネシア連邦、パラオ、マーシャル、北マリアナを含むミクロネシア(南洋群島)を占領。
1920年 / 国際連盟から日本のミクロネシア(南洋群島)委任統治が認められる。
1945年 / 太平洋戦争終結。米軍の占領始まる。
1947年 / 国連の太平洋信託統治領として米国の統治始まる。
1965年 / ミクロネシア議会発足。
太平洋諸島信託統治地域に関する日米協定(ミクロネシア協定)締結。
1969年 / 信託統治終了後の政治的地位に関し、ミクロネシア地域合同で米との交渉を開始。その後、北マリアナ、マーシャル、パラオ、その他のミクロネシア地域(現ミクロネシア連邦)がそれぞれ米と個別に交渉することとなる。
1978年 / ヤップ、トラック、ポナペ、コスラエの4州で連邦を構成する憲法草案が住民投票の結果承認される。
1979年 / 憲法施行。自治政府発足。初代大統領に日系のトシヲ・ナカヤマ氏が就任。
1986年11月 / 11月3日、米国との間で自由連合盟約(コンパクト)(注)発効、独立。
1988年12月 / 日本はミクロネシア連邦と外交関係開設。
1991年9月 / 9月17日、国連加盟。
2004年5月 / 米国との改訂自由連合盟約(改訂コンパクト)発効
(注)コンパクト:米国の国連信託統治から独立する際に、米国との間で締結した自由連合盟約のこと。1986年から2001年までの15年間、米国から財政支援を受ける一方で、国防と安全保障の権限を米国に委ねている。2003年12月改訂自由連合盟約に署名し、2004年5月に発効。2004年から2023年までの20年間、引き続き米国が財政支援を行うこととなった。
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/

ページの先頭へ戻る