オセアニア|パプアニューギニア独立国

※本ページの各情報で特別な注釈がないものに関しては公開時点の情報を元に編集されていますので最新版ではない可能性があります。

  • 国名
    パプアニューギニア独立国 / Papua New Guinea
    首都
    ポートモレスビー
    国旗 世界地図
  • 地図
注釈)各ランキングは、参照元データを集計し、独自に算出したものであり、元となるデータの違いにより、国、その他企業・団体などが行ったランキングや調査と内容が異なる場合があります。
  • イメージ写真 野鳥「チャバラワライカワセミ」
  • イメージ写真 セピック川
  • イメージ写真 マッドマンの石像

その他の情報

民族 メラネシア系
言語 英語(公用語)の他、ピジン英語、モツ語等を使用
宗教 主にキリスト教。祖先崇拝等伝統的信仰も根強い。
識字率 データなし
政体 立憲君主制
議会 一院制、議員数111名、任期5年
主要産業 鉱業(液化天然ガス、金、原油、銅)、農業(パーム油、コーヒー)、林業(木材)
通貨 キナ及びトヤ(100分の1キナ) 1キナ=約44円(2015年5月)
略史
16世紀 / 16世紀前半〜19世紀後半、ヨーロッパ人の来訪
1884年 / 独、ニューギニア北東部を保護領とする(独領ニューギニア)
1884年 / 英国、ニューギニア南東部を保護領とする(英領ニューギニア)
1906年 / 英領ニューギニア、豪領となる
1914年 / 第1次世界大戦勃発に伴い、豪が独領ニューギニアを占領
1920年 / 国際連盟、独領ニューギニアの統治を豪に委任
1942年 / 日本軍進駐
1945年 / 日本軍降伏、豪州が統治
1946年 / 豪州を施政権者とする国連の信託統治地域となる
1964年 / 住民議会設置
1973年 / 内政自治に移行
1975年 / 9月16日、独立
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/

ページの先頭へ戻る