オセアニア|サモア独立国

※本ページの各情報で特別な注釈がないものに関しては公開時点の情報を元に編集されていますので最新版ではない可能性があります。

  • 国名
    サモア独立国 / Samoa (until 1996 Western Samoa)
    首都
    アピア
    国旗 世界地図
  • 地図
注釈)各ランキングは、参照元データを集計し、独自に算出したものであり、元となるデータの違いにより、国、その他企業・団体などが行ったランキングや調査と内容が異なる場合があります。
  • イメージ写真 首都アピア

その他の情報

民族 サモア人(ポリネシア系)90%、その他(欧州系混血、メラネシア系、中国系、欧州系等)
言語 サモア語、英語(共に公用語)
宗教 キリスト教(カトリック、メソジスト、モルモン教等)
識字率 データなし
政体 選挙により国家元首を選ぶ制度
議会 一院制、議員数49名、任期5年
主要産業 農業、沿岸漁業
通貨 サモア・タラ(Samoan Tala) 1タラ=42.2円(2016年4月)
略史
1722年 / オランダ人探険家Roggeveenが視認
1768年 / フランス人航海者Bougainvilleが上陸
1860年代 / アピアが捕鯨船補給港として繁栄、ドイツ、英国、米国、が勢力を競う
1899年 / ドイツが西サモア(現在のサモア独立国)、米国が東サモア(現在のサモア諸島)を領有
1919年 / ニュージーランドの国際連盟委任統治地域
1945年 / 国際連合信託統治地域
1962年 / 1月1日、独立(但し独立記念日は6月1日)
1997年 / 国名をそれまでの「西サモア」から「サモア独立国」に変更
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/

ページの先頭へ戻る