オリンピック・パラリンピック教育に係る都立工業高等学校制作物のオンライン展示

東京2020大会期間中、競技会場外で、誰もがライブ中継を通じて競技観戦を楽しみ、大会の感動と興奮を共有できる場所として開催されるライブサイトを実施する予定でしたが、感染症の拡大を防ぐため、ライブサイトの実施方法が見直されることとなりました。

都立工業高等学校制作物をライブサイト会場で展示する予定でしたが、ライブサイトの実施方法見直しに伴い、これまでの取組や成果の発表をより多くの方々に見ていただく機会として、オンライン展示を行うこととしました。オリンピック・パラリンピック教育に係る生徒の制作物をぜひご覧ください。

~オリンピック・パラリンピック教育に係る
都立工業高等学校の
生徒の制作物~

<東京都立練馬工業高等学校>

  • ○名称
    ボッチャランプ

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    ボランティアマインド・障害者理解・スポーツ志向

  • ○説明
    障害者理解の一環で、パラスポーツの一つであるボッチャに使用するランプを制作した。現在は課題研究において、ランプの形状や材質などを変更して、ボールの転がり距離を測定するなどして、研究に励んでいる。

<東京都立六郷工科高等学校>

  • ○名称
    ミライトワ・ソメイティねぶた

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    日本人としての自覚と誇り

  • ○説明
    日本人としての自覚と誇りの一環である日本の伝統文化を発信するため、青森県のねぶたの技法を用いた東京2020オリンピック・パラリンピックのマスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」のねぶたを制作した。オリンピック・パラリンピックが盛り上がるようにと思いを込めて制作を行った。

<東京都立中野工業高等学校 
全日制課程・定時制課程>

  • ○名称
    手指消毒液スタンド

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    ボランティアマインド

  • ○説明
    新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、施設入口での手指消毒が必須となった。消毒液スタンドの市販品は高価で、多様なアルコール容器に対応できず、高さ調整ができるものは少ない。定時制で考案、製作している。全日制でも生産し、学校内に設置している。近隣の小学校、公民館等公共施設に寄贈している。

<東京都立工芸高等学校 
定時制インテリア科(その1)>

  • ○名称
    こん棒

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    障害者理解・スポーツ志向

  • ○説明
    工芸高校定時制インテリア科では、東京2020大会組織委員会と東京都教育委員会からの依頼により、パラリンピック陸上競技正式種目“こん棒投げ”で使用される「こん棒」の製作を行った。競技者のことを考え、グリップ部分の形状を複数用意、さらに本校が製作した目印としてロゴマークを「こん棒」に刻印している。

<東京都立工芸高等学校 
定時制インテリア科(その2)>

  • ○名称
    ボッチャランプ

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    障害者理解・スポーツ志向

  • ○説明
    障害者理解の一環で、パラスポーツの“ボッチャ”に使用する「ランプ」を製作した。数年にわたる特別支援学校との連携が認められ、東京都教育委員会の海外ボランティア派遣事業でベトナムの生徒たちとの交流会に使用された。「ランプ」は、特別支援学校の生徒の意見を聞きながら、誰もが使い易くなるよう、競技者に寄り添って製作を行っている。

<東京都立荒川工業高等学校>

  • ○名称
    5インチゲージ電車の制作

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    日本人としての自覚と誇り

  • ○説明
    都立高校で唯一の電気系工業高校の特徴を生かし、日本が誇る『ものづくり』を教育の一環として制作した。

<東京都立荒川工業高等学校 
定時制課程>

  • ○名称
    荒工定オリパラ祭

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    ボランティアマインド・障害者理解・スポーツ志向・日本人としての自覚と誇り

  • ○説明
    オリンピック・パラリンピックの歴史に学び、TOKYO2020にちなみオリパラ祭を開催。全長200メートルを超えるミニ四駆のコース設計と制作、競技をライブ中継など生徒主体で運営。ボッチャ・バドミントン競技大会を含め4日間をとおして、個々の能力や個性を生かし生徒と教員がひとつになり互いを尊重する祭典となった。

<東京都立足立工業高等学校>

  • ○名称
    メダル協力ボックス

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    スポーツ志向

  • ○説明
    オリンピック・パラリンピックで使われる金・銀・銅メダルの製作プロジェクトのために、携帯電話・小型家電の金属を回収するためのボックスを製作した。メダル協力ボックスで回収した累積数は145,934個であった。

<東京都立墨田工業高等学校 
全日制>

  • ○名称
    ベンチ

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    ボランティアマインド

  • ○説明
    地域の方々に広く使っていただくために、ベンチを製作した。

<東京都立葛西工業高等学校 
全日制課程>

  • ○名称
    ベンチ

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    ボランティアマインド

  • ○説明
    災害ボランティアに役立ててもらうため、1年生の木工実習で作製し、1台を6人で協力して完成させる。住宅に見立てたつくりとなっていて、脚・台輪・座板は柱・梁・床と同じ構造。建築大工の技術と同時に、木造の構造も体験的に学ぶ。

<東京都立多摩工業高等学校 
全日制課程 機械科>

  • ○名称
    機械実習 鍛造作品(燭台)

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    日本人としての自覚と誇り

  • ○説明
    2年生の鍛造実習でオリンピック・パラリンピック教育の4時間×4週間で制作した燭台

<東京都立田無工業高等学校 
全日制課程(その1)>

  • ○名称
    コースターとテープカッター

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    ボランティアマインド・障害者理解

  • ○説明
    昨年、一昨年の2年間、特別プロジェクトを実施してきた。特別支援学校や近隣の老人ホームと連携し、訪問や交流会、さらに先方からの要望や依頼されたものを製作し、地域貢献の一環として活動してきたものである。当該製作物は、都立田無特別支援学校とコラボレーションして製作したコースターやテープカッターなどである。

<東京都立田無工業高等学校 
全日制課程(その2)>

  • ○名称
    ボッチャランプ

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    障害者理解・スポーツ志向

  • ○説明
    障害者理解の一環で、パラスポーツの一つであるボッチャに使用するランプを製作した。製作にあたっては、特別支援学校の生徒の皆さんに取材に行き、実際に意見を聞きながら、誰もが使いやすいものとなるよう、使用する人に寄り添って製作を行った。

<東京都立田無工業高等学校 
全日制課程(その3)>

  • ○名称
    木製ベンチ

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    日本人としての自覚と誇り

  • ○説明
    木材を利用し、設計、墨付け、そしてのこぎりを使用し正確な長さに加工、またノミの扱いを学ぶとともに使用してほぞを加工、最終的に各接合部を調整しながら組立を行う。

<東京都立府中工業高等学校 
全日制課程>

  • ○名称
    ボッチャランプ

  • ○オリンピック・パラリンピック教育の5つの資質
    ボランティアマインド・障害者理解・スポーツ志向

  • ○説明
    都立府中けやきの森学園との連携で製作した。一昨年度同校へ寄贈させていただいたものと同型のもの。寄贈の際に一緒にボッチャを取り組んだ。教えていただいたことを今後の工夫点に生かしていきたい。また、このランプを使って楽しく明るく競技を楽しんでもらえることを期待しながら製作した。

ページの先頭へ戻る