スマイルプロジェクト Smile Project

スマイルプロジェクトとは?

障害者スポーツの観戦・体験、スポーツを通じた特別支援学校と地域の学校等との交流などを通し、
子供たちが、お互いの人格や個性について理解を深め、思いやりの心を育成する取組を行っています。

Supporting Schools Paralympic Games

パラリンピック競技応援校

東京2020大会の開催に向けて、小・中学校における障害者スポーツへの一層の理解促進と普及・啓発を図るため、選択したパラリンピック競技の観戦や体験、ボランティアへの参加等を行うパラリンピック競技応援校を指定しています。

取組内容

パラリンピック競技団体と連携しながら、 競技の観戦  競技の体験  年間活動計画の作成  競技大会での運営ボランティア  その他、競技の理解・啓発に関する取組を実施します。障害者及び障害者スポーツへの理解促進、東京2020大会以降もパラリンピック競技に親しみ、応援しようとする子供たちを育成しています。

アイコンの説明はこちら

Parasports Exchange Conference Tokyo Metropolitan Public Schools

東京都公立学校パラスポーツ交流大会

大会への参加を通して、特別支援学校(肢体不自由・視覚障害)の子供たちと小・中・高等学校の子供たちの交流を図りつつ、障害者理解の促進と障害者スポーツへの理解を深めています。

Parasports hands on exchanges in collaboration with Tohoku

被災地等と連携したパラスポーツ体験交流

パラスポーツの普及・啓発に加え、生徒同士が交流することを目的に、都内公立学校と他県公立学校との合同でパラスポーツ体験交流を実施しています。

交流内容

  1. 事前学習
    • 調べ学習 (互いの都市やパラスポーツについての調べ学習)
    • 事前交流 (学校生活の様子(校歌合唱等)等をビデオレターの交換により紹介)
  2. 当日の交流活動

    講演、競技体験、参加校による合唱等の交流セレモニーを実施する。

  3. 事後学習

    交流レポートやビデオレターを交換するなど、長く交流が続く活動へ発展させる。

取組紹介

世田谷区立東深沢中学校(東京都)と石巻市立山下中学校(宮城県)と合同で、パラスポーツ体験を通した交流を実施しました。交流の様子をレポートにまとめましたので、ぜひご覧ください。

case examples

各学校の取組事例

ページの先頭へ戻る