ボランティアって?

ボランティアとは?

ボランティアとは、自分の意志で社会事業などに参加し活動をする人、または活動そのものを指す言葉です。
日本では、奉仕活動、善行といった意味を含む言葉として広まっています。
そう聞くと、高い志やスキルがあるなど、限られた人が行う活動のように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。「やってみよう」という自発的なマインドがあれば、誰でも参加できるのがボランティアです。
興味があることや気になっていること、あるいは好きなことや得意なことをきっかけに「やってみよう」が芽生えたら、まずは行動に移してみましょう。
その行動が、めぐりめぐって誰かの助けになったり、力になったりします。

ボランティアの語源

ラテン語で「意志」「意欲」 をあらわす言葉『 voluntas(ウォルンタース・ウォランタス)』が、ボランティアの語源だといわれています。また、英語の『volunteer(ボランティア)』を日本語にすると、「志願者」「自発的に申し出る」といった意味に訳されます。
ポイントとなるワードは、「意志」「自発的」。つまり、誰かに言われたからするのではなく、自ら進んで行うことが、ボランティアの本来のあり方です。

ボランティア活動の4つの原則

ボランティアをしてみようと思ったときに、知っておきたい4つの原則があります。
  • 自主性・主体性:自分から進んで行動する
    ボランティア活動のきっかけは様々です。大切なのは、「やってみよう」 「やってみたい」と思う、自分自身の気持ちのもとに動くことです。誰かの強い求めや義務感に左右されるものではありません。
  • 社会性・連帯性:学び合い、協力し合う
    ボランティアは、人それぞれに違う考え方を認め合い、協力しながら行う活動です。また、たくさんの人との関わりの中で新たな経験や知識を得る、学び合いの場としての側面もあります。
  • 無償性・無給性:お金には代えられない報酬がある
    これまでに無い出会い、達成感や喜びなど、ボランティア活動を通して得られる経験や心の動きを、報酬と言い換えることができます。お金を得ることが目的ではありません。
  • 創造性・開拓性・先駆性:自由な発想で課題に取り組む
    自主的に動くからこそ、自分ならではの視点を持てたり、新たな発想が生まれたりします。あらゆる角度から課題をとらえ、解決に向かって様々なアプローチをしていくことが、ひいてはより良い未来を切り開くことにつながります。

(出典:東京ボランティア・市民活動センター「ボラ市民ウェブ」を参考に作成)

ページの先頭へ戻る